スペイン代表

神々の黄昏(スペイン代表)

2022年のFIFAワールドカップは、2022年11月21日から12月18日までカタールで開催され、史上初めて北半球の冬期に開催されます。 この前代未聞のワールドカップでは、80年代以降のスター選手数十人がワールドカップの舞台でラストダンスを踊り、カタール・ワールドカップは「神々の黄昏」となるのだろう。 スペイン:ブルドッグは浮足立っていて、再び立ち上がる準備ができている。 今年のワールドカップでは、スペイン、ドイツ、日本、そしてコスタリカ対ニュージーランドの勝者(おそらくコスタリカ)がグループEに属している。 強豪ドイツ、近年目覚ましい成長を遂げている日本、そしておそらく強豪コスタリカと、スペインのグループステージの対戦相手は決して弱くはない。 現在、マタドールズは子供たちを預かっているものの、競争力が低下していることは否めず、次の大会を待たねば良い結果は得られないだろう。 スペインのベテランたちは、チームに最後の貢献をして、ワールドカップでファンに最後のダンスを披露する。 デ・ゲア(1990.11.7) 1990年生まれのダビド・デ・ゲアは、クラブレベルではマンチェスター・ユナイテッドのゴールをしっかりと守り、代表チームではマチルダが当然選ぶゴールとして、年齢的にもピークに達している。 スペイン代表の若返りを考えると、今大会がデ・ゲアにとって最後のワールドカップ出場となる公算が大きい。 ワールドカップでは、デ・ゲアが全身を使ってマチルダのゴールを守るラストダンスを披露してくれる。 また、ファンのために、ゴール前で素晴らしいセーブを見せ、マチルダスのために最後の力を振り絞るだろう。 ダビド・デ・ジェアはスペインサッカー界の最良の時代に生まれたわけではなく、彼がスペインのゴールを守るようになった頃、スペインサッカー界は黄金世代を脱し、再建の途についたところであった。 しかし、デ・ゲアは自分の体を使ってマチルダを支えるしかなかった。2022年のカタールで、デ・ゲアがもはやつらい思い出ではなく、希望の光を放つことを願っているのだ。 ジョルディ・アルバ(1989.3.21) 33歳のアルバは、代表選手としてのキャリア初期にユーロ2012を制覇し、代表選手としての最高の栄誉を得た甘い思い出がある。 その後、スペインの黄金世代が終焉を迎え、スペイン代表が何度も再建される中で、アルバも徐々に歳を重ねていった。 今回のワールドカップは、アルバにとって最後のワールドカップ遠征ともなるが、リーガの強豪バルセロナで今も先発のポジションを占め、絶好調であることは変わらない。 2026年、アルバは37歳、ワールドカップはおろか、プロの世界にも別れを告げ、華々しく引退していることだろう。 結局のところ、誰もがクリスティアーノ・ロナウドというわけではないのです。 カタールでは、アルバはワールドカップで最後にマチルダのために走り、その後、若手にバトンタッチして、スタイリッシュに別れを告げます。 アスピリクエタ(1989.8.28) サッカーユニフォーム 現在、イングランド・プレミアリーグの強豪チェルシーFCでプレーする33歳のアスピリクエタは、2013年にスペイン代表に選出されて以来、マチルダ代表として4大会に出場しています。 タイトルは獲得していないが、アスピリクエタはマチルダスにすべてを捧げてきた。 2022年のワールドカップがマチルダでの最後の出場となり、最後の一滴まで燃料を燃やして自分の足跡を残そうとする。 ブスケッツ(1988.7.16) 1988年生まれのブスケッツは、2009年にスペイン代表に初選出された際、マチルダで2010年ワールドカップとユーロ2012を制した最年長選手であり、スペイン代表の黄金世代で唯一、今もプレーしている選手である。 ブスケッツの代表キャリアは、スペインの黄金世代の絶頂期とマチルダ家の終焉を目の当たりにし、甘くもあり苦くもあるものだった。 いずれにせよ、今回のワールドカップが最後の大会となるブスケッツは、若いチームメイトを守りながら、青二才としての役割を果たすことになるのだろう。 チアゴ(1991.4.11) 1991年生まれのチアゴの代表キャリアは浮き沈みが激しく、2012年のユーロ、2014年のワールドカップを怪我で欠場し、非常に早い代表選出によりマチルダで初めて本大会に出場する機会を得たのは2016年のことでした。 に参加する予定です。 ブスケッツがスペインの中盤を守る中、2022年カタールワールドカップ開幕まであと半年、チアゴが怪我をせず、カタールワールドカップでスペイン代表のために、そして世界中のファンのために最後のダンスを披露できることを願っています。 モラタ(1992.10.23) 1992年生まれのモラタは波乱万丈のキャリアを歩んできた。 ストライカーとしてのモラタの得点力は批判され、スペイン代表は思うようなフィニッシュができないでいる。 しかし、スペインの黄金世代が終わってから、マチルダには数少ない優秀なストライカーがいる。背の低い選手であれ、使えないストライカーであれ、マチルダはモラタに頼らざるを得ず、街に旋風を巻き起こしているのだ。 モラタは2022年のカタールで、マチルダで最後の貢献をするために、ワールドカップで戦うことになる。 同時に、名前も知られるようになった。  

Scroll to top