フランスは衝撃の2022年W杯優勝を守れるか?

欧州5大リーグが終了し、サッカー界は代表チームの大会に移り、2022年ワールドカップの欧州予選が始まり、13枚の最終予選への切符が争われることになった。 同時に、ユーロ開幕前の最後の代表戦の日でもあり、トップ24は大会に向けた最後の「ウォームアップ」に向けて準備を進めている。

ガリアの雄鶏の野望:大会3連覇を目指す

3年前、フランスはワールドカップ決勝でクロアチアを破り、コパ・リベルタドーレスで史上2度目の優勝を果たし、それからちょうど20年が経ちました。 その5年前には、ヨーロッパカップで決勝に進出したものの、延長戦の末に0-1でポルトガルに敗れ、準優勝している。

FIFAワールドランキングで2位につけているガリアの強さはそのままに、今夏のユーロで、1984年、2000年に続いて3度目の優勝を目指すのだから、目標ははっきりしている。 2つ目は、2022年のワールドカップで優勝し、1938年のイタリア、1962年のブラジルに次いで3番目に防衛に成功したチームになることです。

フランス代表の解説:スーパースターのラインナップ

フランス代表のディディエ・デシャン監督は18日、今季の欧州5大リーグ終了前最後の代表チームリスト最新版を発表し、そこからヨーロッパリーグ公式23人リストがほぼ出揃うことになった。 このリストを分析すると、現在のフランスチームがいかに強力でパワフルであるかがわかる。

ディディエ・デシャンは、いつもの4231のフォーメーションを採用する。 ゴールでは、先発はチームの正キャプテンでもあるトッテナムのロリ。 今回、チームに招集されたGKは、リーグ1・マルセイユのベテラン、マンダンダ、プレミアリーグのフルアムのアレオラ、リーグ1・リールのメイニャンと3人。 そして、経験という点では、今シーズンのリーグ戦での素晴らしいパフォーマンスにもかかわらず、メイニャンが最も脇に追いやられる可能性が高い。

センターバックでは、パリ・サンジェルマンのキム・ペンベのパートナーにレアル・マドリードのヴァランがメインとなる。 今回デシャンが採用した交代要員は、バルセロナのラングレーとチェルシーのズーマの2人だけだが、ライプツィヒのウパメカノも非常に強く、勝負強いし、バルセロナのウムティティはケガで代表復帰の見込みはない。

左サイドバックの主役は、ワールドカップと同じくバイエルンのルーカス・エルナンデスだ。 今回はプレミアリーグのディーニュとレアル・マドリードのフランドル・メンディの2人が交代で選ばれており、前者はアシストが強く、後者は攻守に万能で、ポジションを争うことになりそうだ。 ACミランで「セリエAのナンバーワン左ウイング」として活躍するテイックス・エルナンデスだが、デシャンは「競争は激しいし、メディアの注目を集めるチームでプレーしているからといって、選手を選ぶことはできない」と明言している。 それは、代表チームやエヴァートンで素晴らしい活躍をし、多くの人に過小評価されているディーニュにとって、非常に不公平なことだ。 フェアじゃないし、後悔している。”

右サイドバックも主力はワールドカップと変わらず、ルーカスのバイエルン時代のチームメイト、パウエルだ。 後任もリヨンのデュボアとはっきりしている。 怪我人さえいなければ、この二人がユーロの右サイドバックコンビを務めることになる。

後方には、マンチェスター・ユナイテッドのポグバとチェルシーのカンテの2枚看板がいる。 デシャンは今回、ユーベのラビオとトッテナムのムサ・シソコの2人しか補強しなかったが、バイエルンのトリッソ、レンヌのンジ、リヨンのオヤールなどもまだチャンスがあるはずである。 しかし、才能ある18歳のスター選手カマヴィンガが選ばれるのは難しいだろう。何しろ、そのポジションには競争が多すぎるのだから。

前回のワールドカップでなかなか見事なプレーを見せたバルセロナのスター、グリーズマンに捧げる最前列のポジションです。 ゲッツェの代役は、モウリーニョ監督がクラブで頻繁に起用しているトッテナムのノドンベレで、ゲッツェよりも万能な攻撃的MFである。

左サイドの主役はもちろんフランス代表のナンバーワン、ムバッペです。3年前よりも大人っぽくなり、今シーズンはすでに全コンペティションで30ゴールを記録していますよ。 交代要員として、デシャン監督は今回、マンチェスター・ユナイテッドのマルシャルを招集したが、今季の赤い悪魔でのパフォーマンスは本当に悪く、ユーロの正式メンバーには入れないかもしれない。

右翼は、バイエルンのキングスレイ・コマンが先発で、ムバッペとの両翼で非常に効果的だ。 代役はアトレティコ・マドリードのレマールとバルサのウスマン・デンベレで、左右両翼でプレーできる「二足歩行の怪物」で、マルシャルも圧迫する可能性がある。

センターフォワードでは、ジルーのヘディング能力と戦術的な軸は、チームにとってかけがえのないものであることは明らかだ。 代わりのセンターフォワードはモナコのベン・イェデルで、ジルーとは異なるスタイルを持ち、今シーズン13ゴールを記録し、順調に調子を維持している。

サッカーユニフォーム

戦力分析:強いオフェンス、弱いディフェンス

フランスの不吉な強さは、攻撃力にある。 あえてレアル・マドリードのスター、ベンゼマの再招集を拒み続けたデシャンの自信はここから来ている。最近のメディアとのインタビューでは、「ジルー、グリーズマン、ムバッペはいずれも強い脅威で、それぞれ異なる特徴と長所を持ち、互いによく補い合っているし、彼らの経験と実績はどれも非常に重要だ」と、嬉しそうに語っている。 ”

まとめると、総合力ではフランスがユーロとワールドカップの優勝候補であることに変わりはないが、その野望を叶えるためには、他の大国チームからの大きな挑戦が待っているのだ

フランスは衝撃の2022年W杯優勝を守れるか?
Scroll to top