UAEがカタールワールドカップに出場した場合

2022-05-08 13:25:30

カタールワールドカップは抽選でグループ化されましたが、実際にはまだ確定していない3つの参加チームがあります。 その中には、6月の大陸間プレーオフで生産される必要があるグループGの場所があります。 具体的な状況としては、オーストラリアとアラブ首長国連邦の勝者が南米のペルーと対戦し、勝者がこのスポットを獲得するというものです。

3つのチームの中で、UAEは最も弱く、ほとんど誰もそれらについて楽観的ではありません。 しかし、アラブ首長国連邦がワールドカップに奇跡を起こした場合、アラブ首長国連邦はアラブチームの新しいワールドカップの記録を作成します。

アラブ諸国は、チームの戦力は限られているため、ワールドカップでの存在感が薄いものの、国際的な発言力が依然として強いことはよく知られている。 アラブ諸国は主に西アジアと北アフリカに位置し、サウジアラビア、カタール、UAE、エジプト、チュニジア、モロッコ、アルジェリアなどが代表的である。

というのも、アジアやアフリカのサッカー水準はすでに低く、特に西アジアと北アフリカは、それぞれの大陸の中で相対的にサッカーが弱い地域だからだ。 例えばアジアでは、ワールドカップで活躍したのは明らかに日本と韓国で、東アジアは毎回、西アジアを圧倒することができたのです。 アフリカでは、ナイジェリア、カメルーン、ガーナ、セネガルといった南部アフリカのチームが、北アフリカのチームを明らかに上回っています。だから、ワールドカップのたびにアジアやアフリカのチームはたくさん出てくるのに、アラブのチームは、ほとんど出てこないんです。

しかし、今年は特別な事情があって、カタールが開催国であり、自動的にワールドカップの出場が決まっているのです。 つまり、今回のワールドカップは、アラブのチームを加えたに等しい。 アジアのサウジアラビアと合わせると、アジアから2チームが出場することになります。 そして、北アフリカは今回、チュニジアとモロッコの2チームがエントリーしています。 ということで、合わせてアラブ諸国から4チームがカタールワールドカップに出場することが決定した。

実際、4チームというのは、ワールドカップにおけるアラブのチームとしては、すでに過去最高の規模である。 しかし、UAEも出場できれば、規模は5つに拡大し、ワールドカップで前例のないアラブの春が到来することは間違いないだろう。

もちろん、前述したようにUAEのワールドカップ出場の可能性は限りなく低く、ペルーはもちろんのこと、オーストラリアを突破するのも困難だろう。 だから、今回のワールドカップのアラブ代表の規模は、4人に絞られるかもしれない。

サッカーユニフォーム

過去最大規模とはいえ、アラブ勢が奇跡を起こせるとは思えない。 ほぼ間違いなく、アラブの4チームはいずれもグループ内では最悪のチームです。 カタールはセネガル、エクアドル、オランダよりも弱いのは確かだが、ワールドカップの経験という点では相手3カ国にはかなわない。

同様に、チュニジアはフランスとデンマークに、モロッコはベルギーとクロアチアに当然かなわないし、予選でメキシコとアメリカを圧倒したカナダでさえ、モロッコに勝つには十分すぎるほどの実力を持っているのだ。

サウジアラビアに関しては、アルゼンチン、メキシコ、ポーランドより弱いだけでなく、また大敗する可能性が高い。

実際、アラブのチームには共通の特徴があり、技術的に優れていて全体的に良いのですが、ボールに対してフィジカルに強くないという明らかなデメリットもあります。 この特性はワールドカップの試合では通用しないので、うまくいかなくて当たり前なのです。 しかし、いずれにせよ、今回のワールドカップでアラブ勢は自らの記録を更新したわけで、少しでも成績が向上することを期待したい。

UAEがカタールワールドカップに出場した場合
Scroll to top